セイブログ

#

2014年03月19日   大学入試 と 高校入試

受験生 大学も高校もひと段落、 全員進路が決定しました。  どの生徒も紆余曲折ありながら一人ひとりと真剣に向き合ってまいりました。 今年ほど真剣に本気で関わった受験生はないのではないかと思います。合否関係なく、私は胸を張っていえます。(いつも全力。)

大学受験、まずは推薦受験、やはり3年間の定期テストの努力の結果でした。3年間の試験が入試だったようなものです。

つぎにセンターや一般受験、コンディションや科目・単元などのばらつきに自己の信頼がもてなかったことに反省が残りました。 結果、合格の手応えは高校1年でトコトン特訓した内容でとれてました。高1内容やはりどれも大事。

高校受験、私立受験では、今年はかなり好成績。 ほとんどの生徒が模試判定D・Eながら、特進や特待・奨学で合格(ほとんど)。高校から奨学をもらうという合格でした。

公立受験、私立好成績がゆえ、持っている力を精一杯のびのびと受験。 もちろん模試判定D・Eの、ぎりぎり受験ばかりで悪戦苦闘。でも誰もあきらめませんでした。成績の厳しい生徒も受験をきっかけに学習姿勢が変わりました。学びがありました。

また、今年の受験生全員にいえることが、全員チャレンジ精神をもって安全圏受験なんて一人もいなかったということです。 本当に 感動がありました。 私たちも学びました。

まだ15歳 18歳 今後、人生には何度も問題・障害という壁が目の前に現れます。 しかし、それは自分で創った自分だけの壁。 必ず乗り越えられる、 一生懸命 チャレンジはすばらしい。

今年の受験で、私たちも成長できた気がします。

全国拠点紹介(ドラマの舞台)
# # # # # # # # # # #